ダイエットサプリ!ベストな飲み方は?

善玉菌を増やしてスッキリ!

腸内環境を整えるということ!

腸内環境を整えて、便秘を解消すればダイエットに効果がありそうですよね。
腸内には数種類、数百兆個の細菌が生きているそうです。
この細菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌の三つのグループに分類できます。
この三つのグループの菌がバランスよく保たれている状態を腸内環境が整っているというそうです。

しかし、それぞれ同じ比率ではなく善玉菌が優勢である状態が良いのです。
なぜなら、善玉菌には腸の運動を活発にして便通を良くし、ビタミンを作り、免疫力をあげる作用があります。
それに対して、悪玉菌が優勢になると有害物質を作り、腸内の活動を鈍らせ便秘や下痢を引き起こし、腸から毒素を全身に巡らせ、色々な病気を発症させます。
日和見菌は、優勢な方の味方をします。
しかし、日和見菌は健康な人の腸内細菌全体の75%を占めていると言われているので侮れません。
善玉菌を優勢に保つために具体的には、ビフィズス菌や乳酸菌を取ることが効果的です。

乳酸菌サプリメントの選び方と飲み方

ヨーグルトなど食物から乳酸菌やビフィズス菌を摂取することもできますが、サプリメントの方がカロリーが少なく効率よく摂取できます。
重要なのは、自分の腸内環境にあった乳酸菌を見つけることです。
腸内には沢山の細菌が生きているので、人それぞれ合う菌が異なるそうです。
自分にあったものを探すには、ひとつのサプリメントを最低2週間続けてみましょう。

さて、飲むタイミングはいつがいいのでしょうか?
寝る前に飲むと翌朝のお通じに効くとか、朝食の前に飲むとダイエットに効くとか色々な説がありますが、どちらも腸内にいい影響があるようです。
食前、食後にこだわることなく、自分が飲みやすいタイミングで継続することが何より大切です。


この記事をシェアする